ライブチャットを使うメリット・デメリット

ライブチャットは色んなサービスがあります。現在はスマホで使えるサービスも多いため、興味をお持ちの方も多いのではないでしょうか。ライブチャットはデメリットもありますが、メリットも多いため使ってみるのもおすすめです。

相手の顔を見て話ができる

ライブチャットでは、相手の顔を見ながら話ができます。一般的なチャットなどとは違い、実際に顔を見つつ話すのが基本的な使い方です。そのため、相手がすぐそばにいるような感覚でトークできることが一番のメリットと言えるでしょう。

リアルタイムにやり取りできる

ライブチャットはリアルタイムなやり取りができます。テキストベースのチャットも同様ですが、レスポンスの早さはライブチャットが勝ります。ただ会話するだけでも、特に文章を打つ必要がありませんので、手軽に相手とやり取り可能な点が魅力となっています。

個人を特定されるおそれがある

一方で、ライブチャットはお互いの顔を見てやり取りするコミュニケーションツールです。そのため、個人を特定されてしまう危険があることに注意しましょう。なるべく信頼できる相手と会話を楽しんだり、特定されないよう気を付けながら使う必要があります。

カメラやマイクが必要

ライブチャットをするにはカメラとマイクが必要です。これらの機器がなければ利用出来ませんので、搭載した端末を使うか、別途購入してから始めましょう。

コミュニケーションは深めやすい

ライブチャットは相手の顔を見て話が楽しめるなど、特有のメリットを持つコミュニケーション手段になっています。しかし、個人を特定される危険があったり、カメラなどが必要だったりしますので、しっかり準備をしてから楽しみましょう。

関連する記事